ダイエット

もやしダイエットの疑問点を徹底的に調べてみました

(この記事は一般人である私が、ネット情報と個人の経験も元に書きました。資格や専門的な仕事に携わっている訳ではないのでご了承ください)

ダイエットを始めようと、もやしを手にする人は多いのではないでしょうか。

なんとなくダイエットにいいと聞いたことがある程度で、私もほぼ毎日もやしを食べています。

今回の記事作成にあたり、もやしについて調べてみました。

すると「もやしダイエットスゲー!痩せる」「リバウンドした」「調理方法によっては効果まちまち」などいろんな声があります。

そこで「なんだか面倒くさいな・・・」と足止めするのはもったいない。

もやしはめちゃくちゃ素晴らしい食材です。1日でも早く始めた方がいい。

ネットで上がっていた疑問点や自身が感じる疑問点を解決すべく、今回記事にしました。

あなたにも是非もやしの素晴らしさを知ってほしいです。

ちなみに、もやし協会から裏金なんてもらってませんので安心してください。

今日から早速もやしを取り入れてみてはいかがでしょうか。

もやしダイエットのやり方。置き換え?オンリー?

「晩御飯だけもやしにしてます」

「3食全てもやし料理のみです」

人により、もやしダイエットの仕方が異なるのですが、一体どれが正解なのか。

色んな情報をまとめた結果、普段の食事にもやしを加え、その分それ以外のものを減らす。全体の量は減らさない

これは栄養バランスを崩さないためです。

例えば筋肉トレーニングで考えてみたいのですが、腕力を強くするために腕ばかり鍛えても効果はあまりないそうです。

一見関係ないようにみえる腹筋や下半身も鍛えることで、より腕力もつくといいます。

何が言いたいのかというと、全体のバランスが大事だということです

もやしが痩せるから、もやしだけ食べるというのは、腕力だけ鍛えるのと一緒です。

後に書きますが、もやしダイエットで調子が悪くなるという人は、『置き換え』や『オンリー』にしています。

その時は痩せると思います。

実際、「1ヶ月で7キロ痩せた!」という人もいるみたいですし、もやしではありませんが私もキャベツ”オンリー”ダイエットでかなり痩せました。

しかし、私は2度とオンリーダイエットをすることはありません。

キャベツオンリーで生活していた頃、周りから「元気ないね」「調子悪いの?」と結構言われました。

栄養が足りてないのを、体がサインとして出したのかもしれません。

以上の事から『置き換え』や『オンリー』はオススメできません。

置き換えにしてもオンリーにしても、栄養バランスが崩れ、長い目でみたらマイナスだと思うのです。

そもそも太っている状態というのは、糖分(炭水化物)を余分に摂っているという事です。

余分なものを減らし、その分もやしを加える、それだけでいいのです。

ちなみに私は鶏むね肉ともやしを焼肉のタレで炒めてます。

その分、大好きで明らかに食べ過ぎな白米を減らしましたが、もやしは結構お腹が膨れるので、全然苦になりません。

 

「栄養とかどうでもいい、とにかく短期間で痩せなきゃならないんだ」

「来週ある面接までに痩せたい、その後はどうでもいいわ」

このような人は置き換えやオンリーの方がいいかも知れません。

ただし、体に良くないという事、それにより体に何らかのトラブルが起きるという事は頭の片隅に置いた方がいいでしょう。

続けて大丈夫?もやしは体に良いのか?

もやしダイエットで調子が悪くなったという意見も

「もやしダイエットを行ったら、吹き出物が出ました」

「リバウンドまっしぐらだから、もやしダイエットやめときな」

「昔から、体が細くてどこか元気がない子をもやしっ子というから、良いイメージがないんだよね」

 

もやしダイエットを心配されてる人は、このような意見があるようです。

結論ですが、良いも悪いも『やり方次第』と言わざるを得ません。

もやし自体は栄養豊富で、体にとって毒になるものは含まれておりません

ではなぜもやしダイエットで体の調子が崩れるのか。

お気づきかもしれませんが、もやしダイエットで体の調子が悪くなる人は、必ず置き換えorオンリーな食生活をされてる方です。

繰り返しになりますが、ダイエットで一番大事なのは『バランス』です。

バランスが崩れたら、体の調子も崩れるのは至極当然なのではないでしょうか。

もやしにはどんな栄養が含まれているのか?

ここで気になるのは、もやしにはどのような栄養があり、体にとってどのような効果があるのかという事です。

もやしに含まれている栄養素はタンパク質・ビタミンB群ビタミンC・カリウム・カルシウムがバランスよく含まれています。

それ以外にも食物繊維・アスパラギン酸(アミノ酸の一種)・モリブデン・消化酵素アミラーゼなど他にも色々含まれています。

この中でも聞き慣れない栄養素『アスパラギン酸』『モリブデン』『消化酵素アミラーゼ』について調べてみました。

アスパラギン酸

  1. 新陳代謝を高める
  2. 疲労回復
  3. 肝機能向上

もやしっ子のイメージとは真逆の、元気にしてくれる栄養素みたいです。

モリブデン

  1. もやしに含まれるモリブデンの量は、野菜平均の3倍以上
  2. 緑豆もやしのみ、含まれている
  3. ミネラルの一種
  4. 貧血に効果

消化酵素アミラーゼ

  1. 腸の働きを整える
  2. 胃もたれや胸焼けを防ぐ

 

つまりまとめると、「なんかよう分からんけど、もやしは体にめちゃいい」って事ですね。

もやしの調理法、正解は茹でる?炒める?

もやしを取り入れようとした時、調理の仕方によって摂取できるはずの栄養が摂れなくなる可能性があると、心配の声をみつけました。

その栄養とはビタミンCです。

ビタミンCはどれほど素晴らしいか説明しようとすると、1つの記事を書けるくらいすごい効果がある栄養です。

結論ですが、茹でても炒めても大丈夫です。

大事なのはその後にあります。

ビタミンCは熱に弱いは嘘?

ビタミンCは熱に弱いと聞いた事があるでしょうか。

調べた結果、熱に弱いわけではないという新事実をみつけました。

熱によってビタミンCが壊れるのではなく、熱によりもやしの中にあったビタミンCが流れ出るのが正解のようです。

これはもやしに限らずです。

短時間であれば大丈夫なようですが、目に見えるものではないですし、しっかり茹でたり炒めたりだと、約80パーセントのビタミンCが流れてしまうそうです。

ではどうするか。

流れてもいいようにスープなど、もやし料理を見直せば解決です。

ちなみに私はこの”流れる”を知ってから、もやしを炒める時間は長くて2分、出た汁は全て飲みます。

インスタントラーメンにもやしを入れますが、勿論スープは全て飲み干します(ラーメンスープには気をつけましょう)。

茹でたり炒めたりした際に出る汁をできるだけ飲む工夫さえすれば、茹で時間や炒め時間を気にしなくても大丈夫なようです。

ビタミンCは熱で壊れない

でも熱により流れちゃうので、汁は全部飲んじゃいましょう

まとめ

もやしは非常に安いです。

なのに色んな栄養素が含まれています。

数あるダイエット食品の中でもトップクラスのダイエット食材ではないかと思います。

色んな意味で。

私はあまり料理しませんが、ネットで検索すれば”そんな味付もあったか!”と感心するものに出会えるかもしれません。

実は今回、あえて”もやしレシピ”を載せてません。

好みは人それぞれ、私自身あまり詳しくない、調べた方が断然早い。

以上の理由で載せてないのであって、決してめんどくさくて書かなかった、なんて事は微塵もないので。

ダイエットでなくても、体の事を考えて今日からもやしを取り入れてみてはいかがでしょうか?

それでは、楽しいもやしライフを!