便利

もっと早くに図書館を利用しておけば良かった

僕は普段MacBookProで作業する事が多いです。

自宅でカタカタやっていますが、最近『図書館』の利用を考えるようになりました。

理由は1つ。

自宅だと誘惑多すぎて、イマイチ作業に集中出来ないからです(笑)

 

気持ちの問題と言えばそれまでですが・・・。

雰囲気が変わればスイッチも入るだろうと思い、先日自宅近くの図書館へ行ってきました。

そして、「もっと早く行っておけば良かった・・・」と後悔。

 

そんな図書館の良さを、今回は書いていきたいと思います。

やる気スイッチが入る

まず1番の変化は”環境”です。

シーンとした空気。

周りを見渡せば、黙々と作業してる人が大半です。

たまに「何しに来てんだこいつ?」って思う人もいますけど(笑)

 

このような空気が、自分を黙々と作業する姿勢に導いてくれるんです。

よく環境は大事だ!なんて言いますが、本当にその通りだと感じました。

 

僕もいい大人ですから、環境が大切なのは当然知ってます。

しかし、知ってるのと体感するのはこれ程までに違うんですね。

なんていうか、”体が覚える”とでも言いますか、心から思えるようになるという感じです。

 

図書館が良いのは空気だけではありません。

変な誘惑もないんです。

 

自宅だと、テレビやゲーム、漫画など作業に関係ないものが結構あります。

その中で作業は出来なくもないですが、集中力が弱いと、ついゲームや漫画に流れてしまう。

そうならない確実な方法は、誘惑のない場所で作業する事です。

そもそも漫画やゲームがなければ、やりようがないですからね。

 

 

僕はこの方法をダイエットに応用しています。

調理しなくても食べれる物は出来るだけ置かないようにしています。

カップ麺やアイスを全く食べない訳ではありませんが、買いだめはしません。

冷蔵庫を開けても、調理しなければならない食材しか入ってないので、”つまみ食い出来ない環境”なんです。

それに規則正しく食事をしていれば、空腹が襲ってきたとしても一時的です。

要は錯覚なので、何か食べたいと思っている内に食欲も落ち着いてきます。

 

意思がめちゃくちゃ強い人ならまだしも、僕のような自分に甘い人間は環境を変えるだけで、かなり助かります。

電源&Wi-Fiを利用できる

あくまでも僕が利用している図書館での話になりますが、電源とWi-Fiを利用出来るんです。

限られた席にのみコンセントの差し込み口があり、そこで電源を利用出来るのですが、人気な為タイミングによっては座れない事もあるみたいですね。

僕はこの席で本を読みながらMacBookProをカタカタしてる訳です。

ノートPCを利用してる人は結構いましたが、皆さん音には十分に気をつけてる印象でした。

僕もキータッチの音など、注意を払いながら使用していますが特にストレスなく作業できています。

こういった電源やWi-Fi、PCを使用できる図書館が近くにあると助かりますね。

注意する事

図書館を利用し始めたまさに初日、事件が起きました。

なんと置き引きがあったと、館内アナウンスで流れたんです。

しかも僕が作業していた階で。

 

トイレに立つ時は財布とスマホだけ持っていけばいいかなと思っていましたが、やめます。

荷物を全部持っていきます(笑)

万が一、MacBookProを盗まれでもしたら大変ですからね。

 

平和ボケしてた僕も、気が引き締まりました。

最後に

集中する事が苦手な人は、図書館に行くのも選択肢の1つではないでしょうか。

図書館のシーンとした環境が、あなたを作業しやすい状態に持っていってくれます。

誘惑もないので、つい漫画を読んでしまった・・・なんて事はありません。

 

スマホも時間を潰すにはもってこいのアイテムですが、図書館に行く時は思い切って持っていかないのも手です。

自宅で作業がはかどらない人は、ぜひ図書館を利用してみてください。