ダイエット

空腹の対処は”凄く”簡単

ダイエット中、一番の敵は『空腹』ではないでしょうか。

いつもは冷静なのに、空腹になった途端ちゃんとした判断を下せない。

気付いた時には”たらふく”食べ終わった後・・・。

僕は何度も経験しました。

 

しかし今では、「空腹?どんとこい!!」状態です(笑)

 

逆に考えるようにする

 

空腹でどうしてもバカ喰いしたい衝動にかられる時があります。

前は「我慢しないと・・・」と自分に言い聞かせてました。

これが実は間違い。

ここでのポイントは『我慢しようと思わない事』です。

 

あっ、勿論食べちゃ意味ないですよ。

ただ、気持ちの上で「食べちゃダメだ・・・」と思ったら、いずれ我慢できなくなります。

僕みたいな三日坊主は特にね。

 

会社の帰り道なんかだと、かなり誘惑が多かったんですよ。

ラーメン屋に定食屋に・・・挙げるとキリがありません。

そんな中、誘惑に勝とうとせず、自分の本能に従うんです。

 

「よし、ダイエットなんかいいから食べちゃえ」

こう思うと楽になる。

ただし、帰り道に寄るのではなく”一旦帰って”ください。

この『一旦帰る』のが非常〜〜〜に重要です。

とりあえず口にする

さて、ダイエットなんか諦めてラーメン(何でもいいですがw)食べる気満々で帰宅したとします。

ここで、「ラーメンは食べる、しかし、自宅で食事してから食べに行こう」とするんです。

 

自宅で取り敢えず食事→食べたい物食べる

 

こういう図式にするんですね。

この”一旦食べる”のが欲求を抑える一番の方法なんです。

試せばわかりますが、一旦食事すると驚くほど欲求をコントロール出来ます。

 

さっきまでのラーメン食べたい欲求が100だとします。

それが食後だと20位に減るんですね。

100→20ですよ!

大袈裟な話、0になる時もあります。

 

「さっき、なんであんなにラーメン食べたかったんだろ?」って思う事すらある。

だからこそ、まずは”口に入れる”事。

我慢したり、欲求と戦うのはその後なんです。

 

方法自体、全然難しくありません。

なにせ、まず食事するだけですから(笑)

ちなみに、ここで言う食事は『バランスのとれた食事』を指します。

 

スムーズに行うために、あらかじめ料理を作っておくといいです。

自宅に戻ってから料理するのもいいですが、食べるのが遅くなる分”欲求”と戦わなければならないので。

 

このように持っていけたら、逆に外食が面倒くさくなります。

「ラーメンは明日でいっか。いや、もうそんな食べたくないや。」と段々思えてくるんですね。

このループにはまったら、ダイエットは成功したも同然です。

絶対にうまい話はない

何年経ってもダイエットに関する食品やアイテムは発売されてますね。

着ているだけで痩せるだとか、着けているだけで引き締まるとか。

 

僕は全て試したわけではありません。

が、自信を持って言えます。

 

それだけで絶対痩せません。

 

僕の友人も、半年間『着ているだけで引き締まるシャツ』を着たそうですが全く変わらなかったそうですw

 

そもそも、ダイエットの本質は昔も今も変わらないはずです。

食べ過ぎ飲み過ぎが太る原因なんです。

根本はこれだけなんですよ。

 

仮に、もし本当に着ているだけで痩せるシャツがあるなら、僕だって毎日暴飲暴食しますよ(笑)

飲むだけで痩せるサプリも同じ事です。

 

ダイエットの効率は上がるかもしれませんが、そのサプリを摂らなくても痩せられます。

何が言いたいかというと、ダイエットは普段の生活で”完結”するという事ですね。

 

最後に

ダイエット中は常に考えていましたね。

 

「どうすれば空腹と上手く付き合えるだろう?」

「運動は必要なのか?」

「痩せる食材や調味料はあるか?」

 

気付いたらダイエットの事ばかり考えてました。

仕事そっちのけでね(笑)

 

今ではよくこう考えるようにしてます。

 

『押してダメなら引いてみる』

 

これだけ簡潔で、深い言葉はないと思いますね。

全てに当てはまりそうじゃないですか?

 

中々覚えられない→覚えようとしない

我慢しようとして我慢できない→我慢するのをやめたら、意外と我慢できる

注意しても直らない→褒めたら直った

 

みたいな具合でしょうか。

 

何かにつまづいた時は、取り敢えず『押してダメなら引いてみる』を思い出すようにしてます。

 

ではまたっ