雑記

傘は『折り畳みの自動開閉』1本で十分

梅雨の時期もあって、雨が続いてますね。

外に出る時、必ず必要になってくるのが”傘”ですが、僕は1本しか持ってません。

その1本というのは『折り畳み傘 自動開閉ver』だけです。

折り畳み 自動開閉verとは

折り畳み傘でも、2種類(多分)あります。

手動で開くタイプと、ボタンを押せば自動で開くタイプ。

僕が使用しているのは”自動タイプ”になります。

 

まず、自動タイプはかなり楽なんです。

何と言っても、片手で操作できますからね。

 

僕は出かける時、大概は鞄を持って出ます。

つまり、片方の手は塞がってるわけです。

頑張れば傘を開けなくもないですが、その”ちょっとした面倒くささ”がなくなるのはありがたい。

特に梅雨の時期だと尚更です。

 

それに、値段もそこまで変わらないんですよ。

というか、全然変わらない。

その1点からみても、自動開閉ver一択ですね。

 

後、大事な事を忘れてました。

 

”閉じるのも自動”なんです。

ボタンを押せば、自動で閉じてくれます。

傘を短くするのは流石に自分でやらなければなりませんが、仕舞う時に結構嬉しい機能なんですよ。

かさばらない

折り畳み傘である最も大事な理由は、”かさばらない”からです。

僕は折り畳み傘1本しか持っていません。

その事から『傘立て』がないんですね。

 

 

傘立てが無い分、玄関はスッキリしてるんですよ。

靴も全て下駄箱にしまうので、玄関にはな〜んにも無いんですね。

掃除するのもかなり楽ですし、何より物がないってだけで気持ちいい。

このスッキリ感はやめられません。

 

 

また、折り畳み傘は鞄に入れて持ち歩けます。

つまり、急な雨にも対応できるんですよね。

極端な話、365日ずっと鞄に入れておけば、天気を気にする必要はないですから。

僕はしてませんけどね。

 

 

また、何より邪魔になりません。

普通の傘って、何かと扱いに困る時ってないですか。

置き場所もそうですけど、多いのは”忘れ物”。

雨が止んだら、傘を置いてきてしまった・・・なんて経験、僕も何度かあります。

 

 

折り畳み傘って、その心配もないんですよ。

仕舞うのは鞄の中なので、鞄を忘れない限り傘も忘れません。

それに、撥水機能のおかげで”2、3度傘を振るだけで”濡れてない状態に戻せます。

鞄の中が濡れる心配も消えるわけですね。

折り畳み傘と聞いて、侮るなかれ

「そんな事言ったって、普通の傘に比べて耐久力は弱いんでしょ?」

こんな疑問の声が聞こえてきそうです。

僕も実際、そう思った事はあります。

 

で、結論なんですが・・・。

 

全然大丈夫です。

 

風が強い日なんかでも、困った事はありません。

折り畳み傘の中にも、強風仕様の物もありますし、お値段もそこまで張りません。

僕が使用してる折り畳み傘でも1500円くらいです。

 

正直言って、普通の傘を購入するメリットがどうしても見つかりません。

それくらい今の折り畳み傘は凄まじいです。

 

最後に

 

という事で、僕は今後も『折り畳み傘1本のみ』生活を送っていきたいと思います。

 

ではまたっ