ダイエット

ダイエットでの『専門家の意見』は、半分だけ聞いておく

僕の悪いクセなんですが

気にし過ぎる事があるんですね。

 

ダイエットで言うと、「この食品は本当に大丈夫なのか?」といった感じです。

その食品に言及している専門家の意見などがあれば読み込み、納得すれば取り入れる。

ある意味”臆病”なのかもしれません。

 

さて、いきなり本題なんですが

そんなに気にする必要全然なかったな、というのが本音です。

”答え探し”はやり過ぎ厳禁だと気付きました。

 

 

そもそもですよ・・・

ダイエットって明確な答えを出すのは難しくないでしょうか。

 

数学みたいに、1+1=2となればいいですが、そうもいきません。

人によって体質もあるし、そもそも人間の体自体がまだまだ解明されていないと言うではありませんか。

 

こういう話題の時、僕は決まって『牛乳』の話を思い出します。

牛乳は体に良いのか、悪いのか。

 

昔、小学校では必ず給食で出されました。

骨に良いから、カルシウムは大事だからと。

 

しかし、反対意見があるのも事実です。

実は、牛乳は骨に良くない。

飲む必要がない。

 

全く逆の意見ですね(笑)

 

それぞれが研究し、確たる証拠を出し合いながら論争を続けているこの話題です。

つまり・・・

分かんないってのが正解なんですよ(笑)

 

僕個人の意見としては、好きな人は飲めばいい。

嫌いな人は無理して飲む必要はない。

こんな感じです。

僕はちなみに飲んでません(嫌いじゃないけど)。

 

別に牛乳に対して、反対意見ではありません。

しかし、賛成してるとも違います。

僕のダイエット方において、たまたま牛乳が必要なかった、だけの事です。

 

ちなみに、僕は普段ほぼ水です。

お茶すら滅多に飲みませんから。

 

ちなみに、だから勉強する必要はない、という事を言いたい訳ではありません。

知識を吸収する事は大切だと思います。

 

僕が感じたのは、あまり”調べ過ぎない”という事。

そして、『体の声』をしっかり聴く事です。

 

体に合うか合わないか

たとえ専門家でなくてもある程度は感じる事は出来ます。

勿論、普段から意識して体を観察する必要はありますけどね。

 

「この食品を食べたら、必ず脇の下にブツブツができるな」とか。

このごま油をとると、おでこの端にブツブツができる、なんて事もありました。

ブツブツばかりで申し訳ないですが(笑)

これは実際に僕の体験談です。

 

他にも、頭痛がするとかお腹を下すとか色々ありますよね。

もっと細かくなれば、何となくしんどいとかやる気が出ない、なんかも気づける時があります。

 

なので、知識も必要ですが『体の声』もしっかり聴くようにしています。

よく専門家の意見なんて言いますが、専門家=絶対正しいとは思っていません。

あくまでも、この人の意見なんだなという感じです。

 

こういうクセをみにつけてから、沢山のダイエット情報に惑わされる事もなくなりました。

やはり、最後は”自分”です。

 

ではまたっ