雑記

『ほうとう』を作りましたよ

この前久々に、『ほうとう』を作りました。

山梨県の郷土料理らしいですが、僕の大好きな料理の1つです。

 

何と言っても、かぼちゃの甘みが染み込んだスープに、平べったい麺。

色んな野菜からにじみ出た旨味を合わさって、いくらでも食べられます。

 

 

そんな『ほうとう』ですが、最近また食べたくなってきたんです。

近頃、料理にハマっているのもあり、調べてみたら簡単に作れそうだったので・・・。

作る事にしました(笑)

 

 

どうせなら”麺”も自分で作ろうと思い、小麦粉も買う事に。

色んな作り方が出てきましたが、僕は中力粉で作る事にしました。

で、すぐに飽きてもいいように出来るだけ安く買えないかと探していた所・・・

 

ありましたよ。

 

ドンキホーテで売っている中力粉が安いとの情報が。

 

最近は主婦みたいに、これはここが安いなんて事も覚えてきたので、ドンキホーテを含め、色んなお店で買い出しです。

 

そして、完成したほうとうがこちら。

手作りの麺は”すいとん”みたいになりましたが、まぁ良しとします(笑)

久々のほうとうを食べてみた感想ですが・・・

 

微妙、でした・・・。

 

何というか、何かパンチがない。

かぼちゃの甘みは出ているので、他が原因なのか。

 

とにかく、思っていたものとは違いました。

恐らく、だしの素と味噌の量が少なかったんだろうと予想はしました。

が、僕にはまだ楽しみが1つありました。

 

ある程度食べたほうとう鍋、ここにルウを入れて”カレー”を作る!

絶対美味しいでしょ!

具材の旨みが凝縮されたスープでカレーを作るんですから。

 

※ちなみに、カレーを作ったのは次の日です。

 

そして、出来上がったのがこちら。

これは当たりでした。

カレーを作る時、小麦粉を練って今度はすいとんを作りました。

うまい具合に麺が出来なかったので、面倒くさくなったんです(笑)

 

しかし、料理というのは楽しいもんですね。

初めは分量などをキッチリ守りながら料理を作ります。

が、段々と要領が分かってきたら自分好みで変えていける。

 

主婦の方がいちいち計らない理由がわかりました。

 

そうやって、その家の味が作られていくんですね。

 

僕はまだまだ経験不足ですから、早くその領域にいきたいもんです。

そしていずれは、食材を見ただけで「あれを作ろう」となれたらカッコイイ。

 

目標は『クッキングパパ』ですから。

 

 

ではまたっ